今、入っておくべき海外旅行保険はコレだ

海外旅行保険なんて必要ない、そんなことを思っていませんか?

ですが、海外旅行保険はとっても必要なんです!

例えばこんなケースで補償されるんです。

●旅行先での体調不良や怪我、思わぬ事故にあってしまい病院に行かなければならな
い時。
●盗難などにあい、所持金や身の回りのものが紛失してしまった時。
●天候によって、飛行機が欠航になってしまって宿に泊まる必要がある時。

こういったトラブルが起きた時に、入っておくと便利なのが海外旅行保険なんです。
海外でのトラブルは本当に大変です。ちょっとしたことでも慌てふためくことになりがちなので、せめて海外旅行保険へ入っておき、もしものときは安心できる体制を整えておくべきでしょう。

海外旅行保険に加入した場合の補償とは?

❖ 疾病治療費用
❖ 傷害治療費用の補償
❖ 病気になった場合や怪我をして治療をした場合
これらに病院での治療費が補償されます。

❖ 疾病死亡
❖ 傷害死亡
❖ 後遺障害の補償
❖ 病気や怪我が原因で死亡した場合

また、後遺障害が残った場合のみ保険金が支払われます。

細かな補償内容については商品によって多少の差はあるんだけど、基本的には病気やケガで治療を受けたら補償されるのが海外旅行保険です。

あと、盗難被害や損害賠償責任を負った場合の補償なんかもあります。
簡単に言うと、海外でのトラブルを補償される保険と思ってください。

海外旅行保険のタイプを知ろう

救援者費用の補償
旅行中に病気や怪我で入院した場合のみ。
日本から親族が現地に向かう際の、交通費と現地での滞在費が補償されます。

賠償責任の補償
誤って人に怪我をさせてしまったり、物を壊してしまった場合に保険金が支払われます。

携行品損害の補償
自分の身の回りのものが盗難にあったり、破損などの損害を受けた場合のみ損害額が補償されます。これがあるおかげで海外で持ち物を壊しちゃったり、紛失したときに助かるんです。これって海外旅行保険で結構使われてるはずです。紛失だけじゃなく、盗難も補償されるので、日本と違って置き引き被害の多い海外だと絶対に欲しい補償の1つです。

航空機遅延費用の補償
乗る予定の航空機が遅延・欠航してしまい利用できない場合。宿泊費や食事代の費用が補償されます。

航空機寄託手荷物遅延費用の補償
航空機に預けた手荷物の到着が何かしらの手違いで遅れ、身の回り品を購入した場合にその費用が補償されます。

日本の病院と海外の病院は全く保険制度が違い、治療費の3割負担(7割を保険が補償してくれる)がありません。

そのため、多額のお金を払うことになってしまう場合があるんです。
また、海外では日本人を狙った盗難が多いので、万が一のことを考え旅行者メンバーの全員で加入をしておくことをオススメします。

最近では子供の海外旅行保険などもあり、体調を崩しやすい子や商品を暴れて破損してしまった時のことを考えて加入する家族も増えています。

ネットで楽々申し込みが吉

海外旅行保険に入る方法ですが代理店を経由して入る方法もあるのですが、それだとどっかの窓口へ出向く必要があったり、家に来てもらって契約しなくちゃなりません。これだと説明をきちんと受けられるというメリットもあるんだけど、そんな方法だと非効率です。
そもそも海外旅行保険はそんなに複雑な商品ではないし、掛け捨ての保険です。
きちんと海外での補償が受けられれば良い商品なので、ネットでサクサクっと申し込みできるほうが便利ですね。そう考えるとネット申込できる海外旅行保険なら新・海外旅行保険【OFF(オフ)】が保険料も手頃だし損保ジャパンなので安心感も抜群のためおすすめ度大であります。

損保ジャパンの海外旅行保険はイイ

この海外旅行保険ですが通常の窓口販売されてる損保ジャパンの海外旅行保険よりかなり割安で入れることがわかりました。実際に保険料を比較してみたんだけど、ホントに結構安いです!しかも、これのいいところはファミリープランがあること。
家族全員分の海外旅行保険を割安に用意できるのです。

もしものときには自分だけじゃなく、家族全員の補償が欲しいです。そういったときでも損保ジャパンの新・海外旅行保険【OFF(オフ)】ならファミリーでは入れるプランが用意されてるから、それに入っておくと良いでしょう。

ちなみに入るためには一定の条件があるようです。
普通に同居の家族なら問題なさそうです。もっと大人数(両親など3世帯)で入るとなると条件に合致してるかどうか確認する必要があるでしょう。

なんか今まで空港とかで入ってた海外旅行保険がめちゃくちゃ高く思えるほどです。
注意点は、出発前に入らなくちゃならないってことです。

1人だけでも補償OKだし家族プランなんかもあります。
補償を考えるのが面倒ならパッケージプランもあるので、それに入っておくのがオススメかな。